Validなウェブ標準ホームページの作り方

ホームページ作り方はW3Cに準拠したウェブ標準の作成方法を心がけるべきです。

W3Cの valid 検証でエラーがでないような作り方をすれば、訪問者のユーザビリティー向上にもなりますし、ブラウザごとにCSSを修正する必要もなくなってくるものと思います。

ホームページの作り方はhtmlやcssなど難しいことが多いです。

あなたのHPがW3CにValidしているかを確かめる方法は、こちらをごらんになってみて下さい。

ホームページhtmlのValid方法


ちなみにここはブログですのでほむぺあれこれに関することは場違いかと思いますが、レンタルサーバーするのもなんだったもんで、シーサーブログにやってきました。(追記:さらに引越しました。)

レンタルサーバーもいいですけど、やはりHPもブログもHTML的なことでいえばそれほどかわらないのかなって気もします。

WEB標準に準拠した作り方ということは詳しくはわかりませんが、ブラウザごとに違う表示が違ってきたりしたら正直、W3Cの必要性もあるのかなと思います。

IEバグなどでスタイルシートのずれとか、ウェブサイトのデザインがくずれちゃうとかを修正するのは、いまいち面倒だったりもしちゃうものです。

htmlの書き方をウェブ標準にしたからといって、特にSEO効果があるわけでもなさそうですが、ウェブ作成という点からみれば、多少の配慮は必要なのではないかなと思います。

実際のhtmlやcssの作り方についての解説はないですが、w3cにウェブ標準ということについてあれこれしています。


etc..ホームページではなく、ブログの作り方は、、ブログ 作り方