ValidなhtmlのHPとは?

ホームページ作成の際のhtmlに関してはW3C的にValidなものに対応させるとSEO的にもいいらしいですが、どこまで最適化すればいいの?という気もしちゃいます。

文法チェックしてくれるサービスのことをlintというらしいですが、一般的にhtmlチェックしてくれるところで有名なのはAnother HTML-lintがかなり有名です。

HP作成の際には便利なチェックツールだなって思うんですけど、ぶっちゃけAnother HTML-lintで100点満点取るまでホームページのhtmlをValid対応させる必要性があるのかなっていう気もします。

HPの文章の意味がわかればいいっぽくない?って感じもなきにしもあらずです。

逆に、DTD的にValidなhtmlというだけではなく、さらにもっと妥当な文書にするためにはHTML-lintで100点なら良いのかという疑問もあったりしてホームページの作り方って難しいものだなって思います。

そんなこんなでホームページ作成のhtmlにはどのくらいまでW3CへValid対応させるかが頭のいたいところですが、少なくとも検索エンジンにインデックスされて、どのブラウザでも表示されて、WEBアクシビリティーの高いものであればそれでいいのかなって気もします。