ウェブ標準のホームページ作成

ホームページを作成する際はウェブ標準とかW3Cばりっどとかよく聞くはなしですが、はたしてどのくらいまで意味があるものなのでしょうか。

W3Cはやはり、標準的なホームページ作成の際の基準となるような国際機関だと思うので、その基準どうりにホームページを作成していった方がいいのかなっていう気もしてきます。

でも、ホームページ作成の場合をかんがえてみると、自由に楽しみながら作りたいという気持ちもあると思うので、それほどHTML的な標準がどうなっているかとかは気にしてつくるほどのことなのだろうか?という疑問もあったりです。

HPに限らず、ブログを作成する場合でも、ブラウザによってHTMLやCSSの解釈の違いが存在するようで、IEバグなんかもあるようですが、ウェブ作成後に困ったことになることも少しはあったりです。

ホームページ作成する時にいちいちこれのブラウザがこう解釈するからこうしてって考えると、正直めんどうくさいので、W3Cのようなウェブ標準なhtmlというのはやはり一応は気にしながらHP作成するのがいいと思います。

デザインの崩れ防止という点もそうですが、Validなhtml作成でのインデックス効果もやっぱ多少はあるっぽいです。

そんな意味で、劇的なメリットはないとしても、マイナスになることはまずないんで、ホームページ作成の際はウェブ標準を心がけるべきと思います。