htmlとxhtmlのvalid比較

ホームページを作成しようと思った際、DTDをどれで記入していこうか迷ってしまいますが、HTML4.01の後、現在主流となっているのはXHTML1.0で書かれたウェブサイトが多いです。

「HTML4.01」のなかでも、バージョンによって「HTML4.01 Strict」や「HTML4.01 Transitional」などいろいろと細分化されています。

4.01ということは、たぶん、3.0とか2.01とかいろいろバージョンがあったんだろうとは思いますが、詳しいことは知りません。

同じように、XHTMLの「XHTML1.0」の方にも、Strictバージョンのものや、Transitionalバージョンのものが存在するようです。

Strictは厳密な書き方のもので、Transitionalは移行過度的という意味です。


このXHTML1.0とHTML4.01を比較すると、XHTML1.0の方が最新版なんですが、古くからあるホームページを見てみると、確かにDTDがHTML4.01となっているものが多いように思います。

無料ブログサービスの方では、たいてい XHTML1.0 となっているものが多いですが、今後出てくるブログサービスもおそらくは XHTML1.0 のもので作られるのではないかなと思います。

両者を比較すると、最新型の XHTML1.0 は書き方が厳密になってくるので、valid なホームページの作り方をしようと思った際、エラーが出てきやすいDTDです。

大文字と小文字を区別して書かなくてはいけませんし、終了タグを省略することはできないなど、いろいろとめんどうくさいものです。

それに対して、HTML4.01は古いバージョンのやつなんで、ある程度許容範囲が広く、大文字と小文字違いぐらいならエラーになることはないです。

実際にどのDTDを使用するのかによってそれほど違いはないかと思いますが、ブラウザによっては多少の違いが出てくることもあるようです。