無料でホームページの作り方

ホームページ作り方を実際にどうすればいいかって考えてみるとやはり、簡単に無料で作成できれば申し分がないのではないかなと思います。

ホームページ制作会社に依頼するとどのくらいかかるのかはわかりませんが、企業の場合はともかくとして、個人の人が作成する場合にはなるべく格安で作成するのがいいと思います。

簡単な無料のホームページの作り方の場合はサブドメイン形式の無料HPスペースがいくつかあるのでやりやすいのではないでしょうか。

インターネット上にはホームページの作り方やHTML講座など無数に存在するので、それらを参照しながらホームページを作成していくといいのではないかなと思います。

ジオシティーズやFC2ウェブなど多数の無料ホームページスペースが公開されていますので、IDを取得してやってみると案外簡単に作成することができると思います。

その際はやはり、HTMLやCSSページの作り方を参照しながら作成していくといいようです。

今はxhtmlとcssを組み合わせたホームページの作り方をすることが標準になってきているようです。

ホームページ作成のcss

ホームページを作成する際のスタイルシートcssはHPの見た目の部分をあらわすものではありますが、ウェブデザインというのはけっこう大切だと思います。

ホームページのみための部分ではありますが、やはり、cssを使用しているのと使用していないのとではかなりな違いがあるものではないかなという気がします。

みための部分はcssで作成して、ホームページ作成の際のhtmlはウェブ標準なものを作っていくというのが一番だと思います。

けれども、スタイルシートを使用してもデザインがきれいでないというという場合も出てくるとは思いますし、難しいものだなという気もしないではないです。

ホームページが重かったり、軽かったりとcssの部分でいろいろと違いも出てくることもあると思うので、なるべくシンプルでわかりやすいcssを作成することがいいのではないかなと思います。

ホームページ作成のhtml

ホームページのhtmlにはいろいろとあるようですが、デザイン的なことというよりも、中身のコンテンツに関することなので、論理的な構造のあるHP作成が大切だと思います。

H1などのhtmlタグや強調タグなどはあまり複雑にならない方がホームページを作成する際にはいいのかなという気がします。

htmlばりっどということでいえば、ウェブ標準のホームページ作成に関連することですが、やはり、HPのhtmlは検索エンジンに理解できるような書き方をするのが最低限なのではないかなと思います。

ホームページのhtmlの作成の際にはメモ帳で作るにはかなり難しいというか、面倒くさいと思うので、それなりのホームページ作成ツールも使ってみたいところです。

テーブルタグでホームページを作成すると、htmlの論理構造としてはどうなるのかなっていう気もしますが、きれいに作成する際には必要なのではないかなって気がします。

おすすめはデザイン的なみための部分はcssに統合して、あとはxhtmlで作成するのがいいと思います。

ウェブ標準のホームページ作成

ホームページを作成する際はウェブ標準とかW3Cばりっどとかよく聞くはなしですが、はたしてどのくらいまで意味があるものなのでしょうか。

W3Cはやはり、標準的なホームページ作成の際の基準となるような国際機関だと思うので、その基準どうりにホームページを作成していった方がいいのかなっていう気もしてきます。

でも、ホームページ作成の場合をかんがえてみると、自由に楽しみながら作りたいという気持ちもあると思うので、それほどHTML的な標準がどうなっているかとかは気にしてつくるほどのことなのだろうか?という疑問もあったりです。

HPに限らず、ブログを作成する場合でも、ブラウザによってHTMLやCSSの解釈の違いが存在するようで、IEバグなんかもあるようですが、ウェブ作成後に困ったことになることも少しはあったりです。

ホームページ作成する時にいちいちこれのブラウザがこう解釈するからこうしてって考えると、正直めんどうくさいので、W3Cのようなウェブ標準なhtmlというのはやはり一応は気にしながらHP作成するのがいいと思います。

デザインの崩れ防止という点もそうですが、Validなhtml作成でのインデックス効果もやっぱ多少はあるっぽいです。

そんな意味で、劇的なメリットはないとしても、マイナスになることはまずないんで、ホームページ作成の際はウェブ標準を心がけるべきと思います。

ValidなhtmlのHPとは?

ホームページ作成の際のhtmlに関してはW3C的にValidなものに対応させるとSEO的にもいいらしいですが、どこまで最適化すればいいの?という気もしちゃいます。

文法チェックしてくれるサービスのことをlintというらしいですが、一般的にhtmlチェックしてくれるところで有名なのはAnother HTML-lintがかなり有名です。

HP作成の際には便利なチェックツールだなって思うんですけど、ぶっちゃけAnother HTML-lintで100点満点取るまでホームページのhtmlをValid対応させる必要性があるのかなっていう気もします。

HPの文章の意味がわかればいいっぽくない?って感じもなきにしもあらずです。

逆に、DTD的にValidなhtmlというだけではなく、さらにもっと妥当な文書にするためにはHTML-lintで100点なら良いのかという疑問もあったりしてホームページの作り方って難しいものだなって思います。

そんなこんなでホームページ作成のhtmlにはどのくらいまでW3CへValid対応させるかが頭のいたいところですが、少なくとも検索エンジンにインデックスされて、どのブラウザでも表示されて、WEBアクシビリティーの高いものであればそれでいいのかなって気もします。

ホームページhtmlのValid方法

ホームページのhtmlをW3CにValidする方法としては、だいたい次のような方法でチェックしてみるといいと思います。

このなかで、googleヘルプで参照されていたのは、HTML TIDYでしたが、正直、英語でのサイトになっているようなので、詳細な使用方法は多少難しい点もあります。

また、正式なところでいえば、やはり、W3Cのvalidator.w3.orgだろうとは思いますが、どこがいけないのかはわかるものの、若干具体的な修正点などはいまいちわかりずらいといった印象もあったりです。

そんなことを考えると、最終的にはAnother HTML-lintが使いやすいような気もしないではないです。

私の場合でいえば、Another HTML-lintで修正点が見つかったら、そのタグを検索にかけてみて、具体的な修正方法を確認しています。

もっぱら、検索でヒットすることの多いサイトはHTMLクイックリファレンスの頻度が高いような気がします。使用例なども出ているのでわかりやすいサイトだなと思います。

HP作成の際のcssバグ

ホームページを作成する際はhtmlとは別に、スタイルシート(css)を作成して見た目のデザイン的なことを記述していく方法が主流です。

けれども、スタイルシートを自分でこつこつと作成してもcssバグなるものが存在し頭が痛いということもちょくちょくです。

cssバグはスタイルシートのバグ?という意味でしょうけど、つまるところはcssを表示する際のブラウザのバグということだろうと思います。


私はfirefoxを使用しながらHP作成しているのですが、実際にfirefoxではうまく表示されていても、ie(インターネットエクスプローラー)ではくずれて表示されているということが多いものです。

ホームページ訪問者のブラウザの使用率からいうとやはり圧倒的にieの方が多いと思うのですが、firefoxでうまく表示されているからといってieで崩れたままだと大多数の人が崩れたまま見ていることになります。

やはりアフィリエイトをしている場合などはブラウザが崩れていると、サイドバーが下の方に回ったりして広告が表示されていないと同じことになるのでこれは修正すべきだと思います。

広告がcssバグで表示されないからというわけではないですが、たいていのcssバグの場合はコンテンツはちゃんと表示されても、サイドバーなどが下にいってしまうということが多いと思うんです。

そんなこんなでCSSバグリストなどを参照して修正していくわけですが、バグリストをみてcssバグなんだなということはわかるのですが、肝心のcssバグの修正方法がいまいちよくわかんないってことが多いものです。

特にieバグがかなりやっかいなところだなって思います。

ie7の最新バージョンではcssバグもある程度は修正済みという感じがありますが、アクセス解析を見てみると、ie7の人気が悪いせいかie6とか以前のバージョンを使用している人がかなりな数に上ると思います。

なので、firefoxとie6でちゃんと表示されればあとは大丈夫だろうということを信じつつ、firefoxアドオンのieビューなんかを使用しながらホームページ作成していくのがいいのではないかなと思います。

Validなhtmlのインデックス効果

W3CにValidなhtmlでホームページを作成すると、若干はSEO的な面でよくなる傾向は以前からちらほらとささやかれています。

とはいえ検索エンジンの検索結果において、いったいどれほどの効果があるのかということは、以前としてはなはだ不確定な箇所が多いように思えます。

私の印象だと、やはり検索結果のSEOにも影響があるという気がしてなりませんが、グーグルのヘルプページの記述によるとインデックスにはそれほど影響がないような記述もみられます。

有効な HTML の使用は推奨されていますが、Google がサイトをクロールしてインデックスに登録する方法には影響しません

サイトが各ブラウザで適切に表示されることの確認

Validなhtmlのホームページを作成することはブラウザごとによる正しい表示のために必要ではあるものの、グーグルへインデックスされるかどうかには影響しないということのようです。


とはいえホームページを作成している人にとっては、html的にきれいに記述し、余分なタグの少ない、文章多めのページは上位に表示されやすいという印象が多いようです。

現在の検索エンジンは優秀なので、多少煩雑で間違いの多いhtmlだとしても解読することはできるので、インデックスに影響されることはないと思います。

けれども、そもそも間違いだらけのhtmlで書かれたページはコンテンツ自体の内容も間違っていることが多いような気もするんです。やはり、html的な正確さまで考えているページは相対的にコンテンツがおもしろい傾向もなきにしろあらずです。

valid Icon をHPへ貼付

W3Cの valid 検証で html 的なエラーが検出されない場合は、その合格の証として valid Icon をもらえるようです。

validator.w3.org

url を入力して html チェックした後にエラーが検出されなければ、このようなアイコンをもらえるみたいです。

Valid XHTML 1.0 Transitional

この valid Icon ですが、よくホームページに貼り付けているところがあるのですが、これはホームページのSEO的な意味としては役に立つものかどうか、多少疑問が残るところです。

やはり、検索エンジンは外部への発リンク先によって、そのホームページがどのような内容なのかということも考慮に入れると思います。

もし、html 検証サイトへ全ページから発リンクしてしまうと、そのサイトは「html の検証的コンテンツのあるホームページ」なのではないかとみなされる不安もあったりします。

このブログの場合はウェブ標準のホームページ作成のコンテンツなので別にいいんですが、例えば、韓国ドラマのHPとか、食べ物関係のHPに valid Icon を貼り付けてもあまり意味があるようには思えないのです。

とはいえ、このアイコンはクリックするだけで、そのページの html をチェックしてくれるので何かと便利なアイコンではあったりします。

ただ、エラーが出たときの具体的な html 修正方法まで示してくれたらいいのになという気もしないではないです。

htmlとxhtmlのvalid比較

ホームページを作成しようと思った際、DTDをどれで記入していこうか迷ってしまいますが、HTML4.01の後、現在主流となっているのはXHTML1.0で書かれたウェブサイトが多いです。

「HTML4.01」のなかでも、バージョンによって「HTML4.01 Strict」や「HTML4.01 Transitional」などいろいろと細分化されています。

4.01ということは、たぶん、3.0とか2.01とかいろいろバージョンがあったんだろうとは思いますが、詳しいことは知りません。

同じように、XHTMLの「XHTML1.0」の方にも、Strictバージョンのものや、Transitionalバージョンのものが存在するようです。

Strictは厳密な書き方のもので、Transitionalは移行過度的という意味です。


このXHTML1.0とHTML4.01を比較すると、XHTML1.0の方が最新版なんですが、古くからあるホームページを見てみると、確かにDTDがHTML4.01となっているものが多いように思います。

無料ブログサービスの方では、たいてい XHTML1.0 となっているものが多いですが、今後出てくるブログサービスもおそらくは XHTML1.0 のもので作られるのではないかなと思います。

両者を比較すると、最新型の XHTML1.0 は書き方が厳密になってくるので、valid なホームページの作り方をしようと思った際、エラーが出てきやすいDTDです。

大文字と小文字を区別して書かなくてはいけませんし、終了タグを省略することはできないなど、いろいろとめんどうくさいものです。

それに対して、HTML4.01は古いバージョンのやつなんで、ある程度許容範囲が広く、大文字と小文字違いぐらいならエラーになることはないです。

実際にどのDTDを使用するのかによってそれほど違いはないかと思いますが、ブラウザによっては多少の違いが出てくることもあるようです。

hp作成の際のレンタルサーバー

無料で作成する場合は必要ないとは思いますが、ホームページ作成する際にどうしても迷ってしまうのはレンタルサーバーをどこにするかということだと思います。

ドメインを取得して、サーバーをレンタルしてって考えると、けっこうな費用もかかってしまうものです。

格安なのをゲットしようとレンタルサーバーを比較してみてもピンからキリまであって、なかなか難しいものだなって気がします。

hp作成のための格安レンタルサーバー比較

正直なところ、個人で使用する分には反応のはやいサーバーで稼働率が高ければ、それでいいかなという気がするので月額数百円ぐらいのでもいいのがたくさんあると思います。

結局のところ、一度ホームページを作成してしまうと、維持する際の費用はメインはレンタルサーバーだと思うので、月額が安いところがおすすめです。

ドメインは安いものなら年間数百円ですし、やはり大きいのはレンタルサーバーのレンタル費用だよなって思います。

ドメイン取得で無料ブログ作成

ドメインの取得はホームページ作成のためには必要なことではありますが、レンタルスペースではなく無料ブログを作成して使用してみるとレンタルサーバー代が浮くのでいいのではないかなという気がします。

これは自由度がかなり限られてくるのでおしゃれな感じのホームページ作成を考えている人にとっては向いてませんが、文字主体の場合なら無料ブログでもいいのではないかなって気がします。

MTブログの場合はレンタルサーバーにMTを導入して、独自ドメインを取得して大量更新ということですが、MTブログはテンプレートがめんどうくさいですしレンタルサーバー代もかかりますし、独自ドメイン取得もお金かかるんでブログがいいかなって気がします。

無料ブログの場合だとカスタマイズしたりすれば、よく見ないと無料ブログだってばれないんで、ホームページだよって言ってれば気づかれないのではないかなと思います。シーサーブログはブログの作り方が初心者簡単でカスタマイズ方法などに関しても自由度が高くていいと思います。

たいていはサブドメイン名を見て無料ブログだということに気づく人が多いと思うんで、独自ドメインを取得してしまえばわかんないんじゃないかなって気がします。

別に無料ブログだからどうとかってことはないですけれども、やはりサブドメインと独自ドメインではSEO的なことで若干は有利だという気がします。

HP作成の際に取得するドメインの種類

ホームページのドメインの種類には、主に独自ドメインやサブドメインなどがありますが、無料ホームページを作成した場合などは、やはり、サブディレクトリ型のホームページが割り当てられることも多いと思います。

独自ドメインとサブドメインではどちらがいいのかということには、一般的にはSEO的な違いがないというように言われていますが、実際のところは、やはり独自ドメインの方が上位に表示される傾向が強いと思います。

ホームページ作成の際に割り当てられたり、取得したりするドメインの種類には、主に次のようなものがあります。

  • 独自ドメイン
  • サブドメイン
  • サブディレクトリドメイン

このなかでは、主に独自ドメインやサブドメインが有名なところではありまうすが、無料ブログではサブドメインのものが多く、レンタルサーバーでのMTブログの場合は、独自ドメインの形のものが多いように思います。

ヤフーのジオシティーズなどの無料ホームページサービスの場合は、主にサブディレクトリ型のドメインが多いように思います。

これらのドメインの種類の違いによっては、若干の違いが出てきてしまいますが、主なものとしては、サブドメインは独自ドメインのコンテンツの1部と考えられるため、同じようなブログは、同じブログサービスでは検索でヒットしにくくなるという傾向があったりします。

これを回避するために、無料ブログを独自ドメイン化したりといろいろな方法があったりもしますが、ホームページ作成の場合は、有料でのレンタルサーバーで作成する人が多いため、独自ドメインを取得してのHP作成という人がメインとなっているようです。

ホームページビルダーはValidか?

初心者簡単で便利なホームページ作成ツールとして有名なホームページビルダーですが、どうも table タグでのサイト構成になってしまい、あんまり Valid な hp には仕上がらないとの噂です。

ドリームウィーバーはどこがいいんですか?当方ホームページビルダを使い、、

IBM のホームページビルダーは私も体験版で何回か使用して、ホームページを作成したことがあるのですが、その時はすごいツールだなと関心したものです。

デザイン的にも美しい配置に仕上ががり、画像やアイコンも豊富についているし、アクセスもたくさんになりそうな予感がしていたものです。

でも、アクセスアップやSEO関連のあれこれに頭を悩ますようになると、どうも、html 的なソースの部分ではホームページビルダーはいまいち Valid ではないととの結論に達するようになりました。

ホームページhtmlのValidチェックをしてみると、マイナス点がたくさんならんでしまうんです。

ただ、初心者簡単に作成するにはホームページビルダーは非常に有用なウェブサイト構築ツールだと思いますし、ドリームウィーバーと比較すると何よりお手ごろな価格設定になっています。

難しいホームページ作成ソフトばかりだと、ウェブサイトを作成する人が減少してしまい、味気ないネット空間になってしまうことだろうとも思います。

でも、アクセスアップをめざすなら、hp は css を使用しながらのバリッドホームページを作ることがやはり一番いいのではないかなという気がするのです。

hpがvalidだと適切に表示されるか?

ホームページの作り方と html valid の関係についてですが、html の書き方がウェブ標準だとサイトは適切に表示されるのでしょうか?

html バリッドだと記事ページが検索エンジンにインデックスされやすくなる傾向があるとは思いますが、ウェブサイトの表示のされ方については多少の疑問が残ります。

ブラウザにはIEやファイアーフォックス、オペラなどさまざまなインターネットブラウザがありますが、同じブラウザ内でも、IE6とIE8など表示のされ方に若干の違いがあるブラウザも存在したりもします。

一般的に「IEバグ」とよばれているようなブラウザのバグもありますが、必ずしも、html の書き方を w3c valid にしたからといって、統一された感じで表示されるとは限らないものです。

html がウェブ標準に準拠した形できちんと表示されるブラウザには、ファイアーフォックスはある程度の定評がありますが、IEの場合だと、若干のブラウザ崩れが生じる場合もあります。

アクセス解析などからユーザーのブラウザ占有率を見てみると、現状ではやはり、マイクロソフトのインターネットエクスプローラーの使用率が非常に高いようです。

けれども、IEではIEバグと呼ばれる表示のされ方のくずれが特にIE6で存在していますので、サイトやホームページの運営者はサイトの表示が崩れていないかどうかをチェックする必要があったりします。

最新型のIE8では互換表示機能も添付されることになったりしていますが、それは以前のバージョンのIEバグが原因で生じてきているようです。

互換表示の機能というのは、一般的なウェブブラウザには表示されていないものですが、これはインターネットエクスプローラーだけにある特有のバグ修正機能となっています。

IEはブログやホームページ訪問者の大半を占めていますので、valid でないからといって無視することはできないものです。

最近ではファイアーフォックスの人気が高まったり、グーグルクロームなどの高速ウェブブラウザが開発されたりしたりとインターネットブラウザにもいろいろな種類が存在するようになってきました。

ブラウザの種類の多様化によって、それぞれがウェブ標準に準拠する形での表示のされかたになってきているとは思いますが、割合的には低くなってはきているものの、古いブラウザだと崩れて表示されていることもあったりします。

今後は、インターネットブラウザ全体での統一されたウェブ標準な規格が必要になってくることかと思います。

やはり、w3c のような世界的に標準化できるような仕組みが存在しないかぎり、ブログやホームページの運営者にとってのサイト作成も非常に面倒くさいものとなってしまいます。

そのような状況ですので、今後はウェブ標準の規格化が進むことになるかと思います。

html5をチェック

html5っていうのが出てくるようなんですが、xhtmlと比較すると、シンプルっぽいマークアップ言語みたいなんで、ホームページ作成も簡単になるのではないかなって気がします。

ヘッダーやフッターなど、固定的なタグが出てくるようなんで、便利になるんじゃないかなぁーっていう気もします。

例えば、当サイトのヘッダー部分はこんな感じですが、
<div id="banner"><div>

html5では、こんな感じで統一されるようです。
<header></header>

bodyタグみたいな扱いのタグが増えるという感じなのかもしれません。これだと、検索エンジンもわかりやすくていいんじゃないでしょうか。

すでに、validator.w3.orgでは、実験的なバディテーションも行われているようです。(more optionを選択)

ホームページhtmlのValid方法

ちょっとhtml5でやってみたんだけど、大丈夫かな?という人はチェックされてみてはいかがかと思います。

ちなみに、ウェブ標準の件で何かと痛い目にあったというIEが気になりますが、IE8である程度は対応しているようです。ブラウザもhtmlもどんどんはやくなって、ついていくのが大変ですね…。